ベトナムの宗教

日本と同じ大乗仏教

アジアの宗教を考えていくと、多くの国で仏教の影響を見ることができます。
東南アジアでも同じで、多くの国で仏教を見ることができるでしょう。
しかし、日本のような大乗仏教の国は非常に少数です。

よく言われることですが、信じる者は救われるのか、信じなくても救われるのか、これが大きな違いであり、日本は信じなくても救われるし救わなければいけないと考えます。
ところが、ほとんどの国は、信じるものしか救わない、厳しい戒律のある仏教になるのです。
名前は同じような形ではありますが、全く違うとまでいえるほど厳しい宗教だったりします。

ベトナムの場合には、日本と同じように大乗仏教が伝わり広まりました。
これは驚くほど稀有な例で、ほかにはほとんどありません。
さまざまな国に占領され、植民地になった歴史を持っているベトナムですが、この仏教を大切にしており、8割の人が仏教徒なのです。

これには、キリスト教の布教にあまり熱心ではなかったフランスが植民地にしていたということもあります。
植民地政策には布教活動が付いて回るものではありますが、フランスは実利を求め、宗教的な部分にはあまり力を入れなかったのです。
そのため、仏教以外の2割がキリスト教とイスラム教、ヒンドゥー教となっています。

厳しい掟や戒律が存在しないベトナムの仏教ですが、熱心に参拝に行く人も少なくありません。
それも、あまり厳しいことを言わないからこそ、自発的に起こってきている行動といえるでしょう。

ほかにはない新興宗教であるカオダイ教の存在

多くの国の影響を受けてきたベトナムですので、宗教的観点もいろいろあったりします。
その中で、新たな宗教として影響力を強めてきているのがカオダイ教でしょう。
日本ではあまり聞くことのない宗教ですが、かなり珍しい宗教といえます。

一般的に、新興してきた宗教というものは、既存宗教であるキリスト教や仏教をベースとしていたりするものです。
韓国などでも多く見られますが、母体があって新たな宗教解釈を取り入れたりすることで広まり成立していきます。

ところが、このカオダイ教は、どこにも属していないのです。
つまり、オリジナルの宗教であるともいえるのですが、どんな宗教でも貪欲に取り入れてしまう異質さも目立ちます。

どんな神格された人も崇拝し、釈迦とキリスト、ムハンマドが並び立っていたりするのです。
それだけにとどまらず、ソクラテスやビクトル・ユーゴーまで神としてあがめているのですから、日本人には意味を解釈することはできないかもしれません。

そして、シンボルマークは、どこかフリーメイソンのようでもあります。
三角形の中に瞳が描かれており、ほとんどの人は怖いという印象を受ける宗教となっているのです。