タイの食文化

世界で最も味のバランスが取れている

日本でも大変人気になってきているのが、東南アジアの中でもタイ料理でしょう。
数多くの店舗を見かけるようになりました。

タイの食文化は、だいぶ知られるようになってきています。
世界で最も味のバランスが取れているとも言われ、辛さと甘さ、酸っぱさといった要素のバランスに優れているのです。
香辛料やハーブを多用し、多彩な味付けになるところは、東南アジアのほかの国には見られません。

ただし、日本人から見ると、かなり辛味が強く、見た目だけでは判断できないこともあります。
タイの子供たちは、小さなころから辛さにならしていくため、日本人が思っている以上に子供たちでも辛い料理が食べられるのです。

ふんだんの野菜と魚介類

食材としては、非常に多くの野菜が使われます。
気温が一定しており、食材に困らない土地柄であるというところが大きく影響しているのです。

主食は米ですが、日本とは違う長粒米が食べられています。
これにスープとおかずというのが一般的なスタイルで、ベトナムとは違い麺は軽食の扱いになっているのです。

肉に関しては、仏教徒であるがゆえに大きな制約がありません。
ですが、豚と鶏肉が中心で、アヒルもよく食べられます。
魚は川魚が中心で、揚げたり焼いたりするだけではなく、スープにもよく用いられるのです。

タイ料理の特色として、川エビやカニ、イカも食材にします。
二枚貝も食べるため、日本人にはなじみ安い部分があるのです。

タイの食文化の象徴ともいえる屋台とフードコート

タイの食文化として、外すことができないのが屋台でしょう。
いろいろな場所に屋台があり、格安で軽食から本格料理まで食べることができます。

衛生的な問題もあり、外国人には屋台はむかない面もあることは確かです。
そこで増えてきたのが、フードコートです。

デパートのような場所には必ずといっていいほど存在し、食券式で購入することができます。
屋台に比べて5~6倍の価格になることもありますが、かなりきれいな環境で食べることができるのです。