タイの観光地

寺院がお勧め

タイという国は、植民地になったことがありません。
そのため、文化形成が途絶えておらず、新旧の歴史が混在した素晴らしい場所が数多く存在しています。
観光としても外すことができず、訪れなければ損をするといわれるほどの場所がたくさんあるのです。

その中でも、やはり歴史に触れるということは、タイという国を知るためにも大切でしょう。
タイらしい場所に行ってみることで、歴史の入り口をくぐることができるはずです。

必ず行っておきたいところとしては、仏教に関する場所でしょう。
本当に様々なところにありますが、ワット・プラケオは、タイ人であっても一度は訪れたいと思っている場所です。

王族も重要なイベントがあるときには訪れる寺院であり、最高の格式を誇る場所になっています。
タイの仏教芸術という面でも、欠かすことができない場所といえるでしょう。

美しさという点では、ワット・アルンです。
仏塔の美しさは、タイの寺院の中でも格別で、三島由紀夫の小説の舞台としても書かれています。
小舟で移動することになりますので、タイらしさを味わうこともできます。

タイでの買い物をするのであれば文化と共に

日本ではほぼ味わうことができないのが、タリンチャン水上マーケットです。
かなり新鮮に感じるはずですが、タイは多くの皮があり水上で生活している人もいます。

船に乗ったまま買い物をすることもできるのです。
中心部から距離もさほどはなれていないところも、観光のポイントになるでしょう。

もっとおしゃれに行きたいのであれば、サイアムスクエアがいいでしょう。
タイ人にも人気のスポットで、若者たちがあふれていたりするのです。
またタイらしい買い物もできる場所になっています。

タイの違った側面を

とにかく観光気分を味わいたいというのであれば、カオサンロードが良いでしょう。
言葉の壁もあまり感じることなく、食べて飲んで笑うことができます。
英語が通じるところが多く、バックパッカーの聖地とまで言われたことがあるのです。

タイの文化に大きな影響を与えたアユタヤ王朝の離宮が、バンパイン宮殿です。
現在でも王族の別荘として使われ、迎賓館としても機能しています。
アユタヤ王朝26代プラサート・トン王が築いたものであり、ほかの宮殿とは違った格式をのぞくことができるでしょう。