シンガポールの食文化

外食が中心

シンガポールは、商業都市です。
食文化にも大きな影響を与えていますが、男女関係なしに毎日仕事に出かけていきます。
そのため、時間をかけて自炊をするのであれば、その分を働き得た対価で外食をするということが一般的な考え方なのです。

そのため、外食文化の発展は著しく、かなりの箇所で食事ができるようになっています。
ホーカーズと呼ばれていますが、香港でも見かけるスタイルであり、安価で食べることができる店舗が集まったフードコートは有名です。
非常に手ごろな値段で食べることができるため、日常から利用していくこともできるようになっています。

多民族国家ならではの食文化

シンガポール料理ということを考えた場合には、中国の影響が強く出てきます。
多民族国家ですので、中華系とは別に、南インド料理やマレー料理もインドネシア料理の一つの分野として考えられているのです。
もう一つ重要なこととして、イスラム教の人たちがいるため、牛のように禁忌される食材があるということも忘れてはいけないでしょう。

その半面で、多民族国家であるために、シンガポールでは世界中の料理が食べられるとも言われます。
いろいろなものを吸収することができるシンガポールですので、こうした多彩な食文化が形成されているといえるでしょう。

最も人口が多いことで目立つ中国料理

シンガポールで代表的な中華料理は、実は一定地域に収まりません。
広東料理から始まり、スープやそばが有名な福建料理では、ホッケン・ミーと呼ばれる料理が知られています。
エビ入りのスープそばで、シンガポール料理としては定番といえるでしょう。
ほかにも、四川料理や上海料理、北京料理もありますが、西洋風の味付けが取り入れられたりしているのが、シンガポールでの特徴です。

よく見かけるインド料理

かなり多く見かけることができるのがインド料理です。
北インド料理と南インド料理がありますが、北インド料理は辛さが抑えてあり、エビやマトンの入ったカレーを食べています。

南インド料理になると、タミル語圏になり、かなり香辛料が効かされた料理が中心です。
肉類はほとんど見かけず、ベジタリアンに合わせた料理が多くみられます。

主となるマレー料理

日本人にはあまりなじみがありませんが、マレー料理も重要でしょう。
米を主としており、ココナッツミルクやにんにくをふんだんに使います。
タイ料理にも見られる方法ですが、サンバルを使うところに違いがあるでしょう。

サンバルとは、トウガラシやにんにくを香辛料やトマトと共に石臼でペーストにしたものです。
その中にトラシと呼ばれるエビの発酵品を入れたりし、油で炒めることで完成です。
酢やライムで香り付けをしたりしますが、地域によって違いがあり、非常に辛さが目立つものや甘いものもあります。
マレーシア同様に、ミーゴレンやナシゴレンは、よく食べられている料理の一つに挙げることができるでしょう。