フィリピンの食文化

スペインの名残が伺える

東南アジアの国々の料理は、それぞれ特色があります。
フィリピンの場合には、スペインの植民地時代の名残を見ることができるでしょう。
歴史的に王朝が存在しなかったため、ほかの国のような宮廷料理は存在しませんが、スペイン料理の調理技術が取り入れられ、大きな影響を与えているのです。

もう一つが、中国の文化でしょう。
東南アジアの国々でよく見られることですが、多くの華人が入ってきています。
そのため、フィリピン料理には、スペインと中国の2つのカラーがあるのです。

ですが、不思議なことに、アメリカの植民地としての影響はほとんど見られません。
そこまで成熟した食文化がないということもありますが、影響がみられるのはケチャップを使うことぐらいでしょう。
スペイン料理も大量のトマトを使うことがありますが、ファストフードの影響もあり、ケチャップだけが独自文化として残っています。

フィリピン独自の解釈から生まれる食文化

フィリピンの食文化の中で、大きな影響があるのが、ラードとオリーブオイルでしょう。
複数の地区で用いられ食べられていますが、その成立は植民地時代にさかのぼることができるものばかりです。
にんにくもよく用いられており、煮込み料理のプチェーロは、スペイン料理のコシードに瓜二つな料理として知られています。

ただし、スペイン風の名前のついているものは要注意で、似ても似つかないものがたくさん存在するのです。
アサドという料理がありますが、フィリピンではチャーシューを指しています。
これは当然中国料理の影響下にありますが、スペインではローストという意味で豚の丸焼きを意味しているのです。

ほかにもフィリピンには、チョリソー・デ・ビルバオというソーセージがありますが、スペインのビルバオ地方には、ソーセージ自体が存在しません。
完全のフィリピン化されたスペイン語であり、誤解の混じった解釈があるといえるのです。

中国料理にもフィリピン風に解釈されたものが多数存在します。
アジアの国ということで共通点も数多くありますが、中国料理がスペイン化され、それがフィリピン独自の解釈となっていったため、全く別物に変化したものがたくさんあるのです。
調理法としての道具は似ていますが、あくまでも便利であるからであり、短時間で火を通すのに適しているから中華鍋を使ったりするのとは解釈が異なります。

純粋なフィリピン料理はすでになく

純粋なフィリピン料理というものは、実際判別がつかなくなってきているといえるでしょう。
植民地時代の名残だけではなく、交易拠点として、さまざまな人種が入りまじり、文化も交わったことで、判別ができなくなってきているのです。

方向性としては、香辛料が多く使われ香味野菜が大量に入ります。
スペイン料理の影響で、ニンニクと玉ねぎ、トマトの量はかなりのものになるでしょう。
こうした文化に、東南アジア独特の魚醤やココナッツミルクが入ることから、すでにフィリピン独特の食文化へと変貌を遂げていると考えることもできるのです。

ただし、他の東南アジアの国に比べ、そこまで辛くはありません。
どちらかといえば、酸っぱさが好まれ、複雑な味は好まれないのです。