フィリピンの言語

フィリピンの言語

100以上存在する言語体系

フィリピンの言語として、公用語となっているのは英語です。
もう一つ、フィリピン語も公用語なのですが、細かに分けるとフィリピンには170もの言語が存在しています。
これらの言葉は、意思疎通すらできない場合があり、かなり細かに違いが出てくるのです。

そこで、正式に公用語として考えられたのが、タガログ語を元にしたフィリピン語になっています。
実際には、フィリピン語とタガログ語の違いは驚くほど軽微であり、ほとんど違いはありません。
しかし、言語体系としても、100近く存在するフィリピンでは、この公用語の設定に対して、現在でも異を唱える人が多数存在するのです。

そのほかにも、スペイン植民地時代の影響によるスペイン語や、イスラム系によるアラビア語、華人の使っている中国語もフィリピンではよく使われる言語になります。
ですが、人口比率の問題もあり、公用語としては指定されていません。
これも、ほかの東南アジア諸国に比べ、珍しいことであるといえるでしょう。

公用語としての英語に隠れる植民地時代

英語が公用語になったのは、アメリカの植民地政策が重要なポイントになります。
イギリスから譲渡される形でフィリピンを植民地化したアメリカは、その半面で独立を最初に約束した国でもあるのです。
フィリピンとアメリカとの関係は現在でも強いように、英語は瞬く間に浸透していきました。

現在のフィリピンを考えた場合、英語はとても重要な意味を持ちます。
ビジネスとしても重要であり、国内の求人倍率が低いフィリピンでは、国外に出稼ぎに出ることも珍しくありません。
その時に英語は重要な役割を持つのです。

共通言語としても、英語はなくてはならないものとなりました。
多数の言語が入り乱れる中、タガログ語を中心としたフィリピン語を納得できない地域もありますが、正解共通の言語として英語があることで、意思の疎通ができたりするのです。

フィリピンの英語が留学に向いているわけ

アメリカから直接入ってきた英語ですので、なまりもなく、きれいな発音ができることでも知られています。
癖がなく、国民性的にも、国外から来られた人たちを大切にするため、留学先としても大変人気があるのです。
フィリピン留学に興味がある人は、下記のサイトを参考にしてみるといいでしょう。
>>http://haa.athuman.com/academy/philippines/

フィリピンの英語には、実は隠された実力があります。
その一つとして、世界で3番目に公用語として英語を話せる人口が多いのです。

アメリカは人種のるつぼであり、さまざまな問題から公用語を設定していません。
それでも、世界3位の人口は、かなりの多さであるといえるでしょう。

学校教育でも、徹底的に英語を習ってくるということもあります。
多言語習得は当たり前で、フィリピンにはマルチリンガルがたくさんいるのです。

多言語化すればするほど、しっかりとした文法解釈ができなければ、言語は混ざっていってしまいます。
フィリピンの人々は、かなりきれいな英語を話すことができるのも、徹底して覚えてくるからなのです。

公共性の強い場所では、英語を話すという国民性も寄与しています。
普段はフィリピン語を使っても、公共の場では英語を使い意思の疎通が図れるのです。
こうした環境であるからこそ、留学先として最適の国になっているといえるでしょう。