ミャンマーの食文化

辛いというイメージがあるビルマ料理

ミャンマー、ベトナムというと料理が全部辛いと思っている方が多いです。
東南アジアの料理として人気のあるトムヤムクン、日本でもよく食べられているこの料理が辛いスープなので、タイ、ミャンマー、ベトナムなどの東南アジア系統の料理は全部辛い、エスニック料理は辛いというイメージがついてしまったのでしょう。

実はタイ料理にしても、辛い物だけじゃなく、辛い料理が有名になってしまっただけなのです。
ミャンマーに関しても同じような辛い料理が多いのでは?と思ってしまうのも仕方がないと思いますが、ビルマ料理としてどのようなものがあるか、わかっていないから、東南アジアの辛い料理のイメージが先行し、ミャンマーで頂けるビルマ料理も辛いと勝手に印象づけられているのです。

ビルマ料理は他国料理が混ざっている?

ミャンマーで一般的に家庭で食べられている料理には、インド料理も中国料理もあります。
ビルマ風にアレンジされていますが、基本、インドや中国の料理となっているため、少し違うけれどインド料理、中国料理なのです。

歴史的にインドや中国の影響を受けているという事もあり、ビルマ料理はインド料理や中国料理が混ざり独自の発展を遂げたものと考える方がいいようです。
例えばカレー風の煮込み、麺類、揚げ物、サラダ風の和え物、スープ、こういったメニューがビルマ料理として一般的に食べられているものです。

代表的な「ヒン」カレー風煮込み

代表的なビルマ料理、「ヒン」はおかずという意味です。
カレー風煮込みといわれますが、カレーといってもインドのように辛いという事はなく、私たちが考えるカレーとはまた違うイメージです。

この料理のベースは玉ねぎ、味付け、香りつけは塩、魚醤、ターメリック、唐辛子、にんにく、しょうがなどです。
豚肉、鶏肉、牛、羊などの肉、さらに内臓、エビ、魚、卵、や足などを利用し、水と食用油を利用し煮込みます。

ビルマ料理の決め手となるのが、この油です。
油を混ぜることで肉類などの脂肪分を取り込み、具材の風味を強め、おいしさを閉じ込めるというイメージです。

ヒンの煮込み方法

ヒンで煮込み料理を作る際、水分を残した煮込み、また水分がなくなるまで煮込む煮込み、があります。
水分を残したにミャンマーはスィーレーイェーレーといい、水分がなくなるまで煮込む方法をスィービャンといいます。
これによってヒンを区別できます。

ミャンマーでは一般的にスィービャンが人気でビルマ料理を食べに行くと、ほとんどのヒンがスィービャンです。
ビルマ料理を食べに行ってヒンに迷う時、スープ的なイメージが欲しい場合、スィーレーイェーレーを、しっかり煮込まれ水分が少なくなった料理が欲しいという場合、スィービャンを頼むといいでしょう。