ミャンマーの宗教

ミャンマーといえば仏教

ミャンマーは人口の90%が仏教徒といわれる仏教の国です。
しかもミャンマーの人口の13%が僧侶という国です。
確かにミャンマーの映像などを見ると、僧侶が街を歩く姿などを多く見かけます。

単に仏教といっても、大乗仏教とは違い、上座部仏教(小乗仏教)で、日本や中国などで侵攻されている仏教とはまた違うものです。
なお、大乗・小乗の「乗」とは乗り物を指し、大乗仏教は乗り物が大きい様を表し、信仰さえあればどんな人間でも救いがあると説くのに対し、小乗仏教は乗り物が小さく、厳しい修行を積んだわずかな人のみが救いを得ることができるという考え方です。

インドからお釈迦様によって説かれた仏教の教えがシルクロードを通り、中国で訳され、その後、伝来していくうちに様々な解釈が加えられ、日本に伝わってきました。
インドでは出家した一部のもののみ救われ、一般の人たちは救われないとされる仏教でしたが、日本に伝わってきたころには、出家せずとも一般庶民であっても救われるという教えになっていました。
そのため、インドは上座部仏教(小乗仏教)、日本や中国などでは大乗仏教が信仰されているのです。

インドはお釈迦様の教えを守り、厳しい教えを忠実に守り、殺生や淫行、飲酒などをはじめとする10の「戒」と227の「律」、つまり戒律を守った人のみ救われるとされます。
ミャンマーではその戒律を正しく守る僧侶は特別な存在であり、尊敬の念をもってみられます。
最もお釈迦様の教えを忠実に守り伝来しているのは、現在、世界各国を見てもミャンマーのみといわれているのです。

実は仏教徒だけではない

仏教徒一色、と思われているミャンマーですが、実はキリスト教もイスラム教も、ヒンドゥー教も、さらにミャンマー独自の「ナッ」という信仰もあります。
ミャンマーはその歴史でもわかるように非常に多くの民族が暮らす国です。
実に130を超える民族がいて、それぞれに信仰を持っています。

その証拠に近年、ミャンマー西部の地域でイスラム教を信仰する少数民族ロヒンギャ族と仏教徒が衝突し、これによって宗教争いがミャンマー全土に広がりを見せています。
しかし、国民の9割という仏教徒が我が宗教のために戦うことについて、政府は鎮圧に消極的です。
政府がもしも本格的に鎮圧に乗り出せば、仏教徒がほとんどのミャンマー国民から、「異教徒を助ける裏切り政府」といわれかねないからです。

歴史、そして現代でも宗教が色濃く関係しているミャンマー

日本は宗教間の争いという事ない国です。
無宗教という人もいますから、ミャンマーのように宗教の事に関して暴動が起こるということが、今現代に起きている真実と受け止めるのが難しいかもしれません。

しかし、古くからミャンマーは仏教の教えを守ってきた国です。
ミャンマーには美しい仏塔「パゴダ」がそこかしこにありますが、これも、信仰心を持ち、国を作り上げてきた現れです。
ミャンマーの人々が、仏教を心の礎として長い歴史を作ってきたことが、遺跡、また現存する建物からもしっかりわかります。