マレーシアの言語

他民族国家である

マレーシアは多民族国家であり、さまざまな国の人が共存して社会を形成しています。
ですが、2007年より、正式にマレー語ということで、マレーシア語が国語として定められたのです。
いまだに議論は続けられてはいますが、憲法にも明記されています。

ほかにも英語も準公用語して指定されるようになりました。
英語自体は、公用語として使い続けられてきました歴史があります。
アメリカの植民地となっていたためではありますが、マレー語が制定されてからは、準公用語になったのです。

それでも、各地に広がる人たちをつないでいるのは、マレー語ではなく英語であることは重要でしょう。
共通言語として、今もこれからも、英語なしではマレーシア社会を形成していくことはできないのです。

中国語とタミル語

マレー語や英語とは別に、中国語の中でも普通話も使われてきています。
中国語の中でも共通に認識することができる点が重要でしょう。
漢字に関しては、繁体字も簡体字も使われていますが、教育の現場では簡体字が中心です。

もう一つ、重要となっているのは、タミル語でしょう。
少数ではありますが、準公用語として指定されている言葉です。

南インドタミル地方の言語であるタミル語は、マレーシアの中でもインド系の人たちで使われています。
日本ではあまり知られてはいませんが、世界レベルで見ると18番目に多い話者人口を持つ元でもあるのです。
インドで使われている言語の一つではありますが、ほかの言語地域とはあまり意思疎通ができません。

多民族国家であるマレーシアの場合、少数言語も多数存在します。
東マレーシアでは先住民の持っていた言語である、イバン語を話す人たちがいますし、マレー半島東海岸ではアスル語と呼ばれる言語も使われているのです。

今でも混在する表記の問題とマルチリンガル

マレー語の場合、固有の文字が存在しませんでした。
実際にマレーシアに行ってみると、かなりの確率でアラビア文字のようなものを見かけるのは、このためで、改良したジャウィ文字が使われているからです。
ですが、現在はローマ字表記の普及が進められており、だんだんと見かけなくなってきています。

こうした背景からも、マルチリンガルが非常に多い国です。
英語を主としていることが多く、それに対して公用語であるマレー語や中国語を話せる人はたくさんいます。
世界でも有数の地域であり、多くの言語が飛び交う様は、マレーシア特有であるといえるでしょう。

中国語教育が進められてきていることもあり、中国系の人でなくても、かなりの確率で通じるようになってきているのです。
ただし、会話として進められているため、筆記ということでは漢字はほぼ書けません。
これも、マルチリンガルの特徴であるともいえるでしょう。