ラオスの食文化

ラオスにはどんな食べ物がある?

ラオスは侵略、植民地支配、さらに内戦と苦しい時代を潜り抜けてやっと今、幸せな時間を取り戻し、成長し始めています。
ラオスに旅行に行くという日本人も多くなっている中、ラオスにはどのような食文化があるのだろうと気になる方も多いでしょう。

ラオスというと、やはり東南アジア系の辛い食べ物が多いのか?何が入っているのかわからないような料理が多いのか?と不安に思う方も少なくありませんが、ラオスにはどのような料理があるのでしょうか。

多民族国家だから料理も多様

ラオスはその歴史を見ればわかるように、多民族が共に暮らしているという国です。
そのため、各家庭の料理を見ても民族間の違いが見えるという事もあります。
しかしラオスのほとんどの人が、カオニャオと呼ばれるもち米を主食に、毎日の食事を楽しんでいます。

タイ料理は非常に辛いものばかりのイメージを持たれることが多いですが、実はメニューによって辛くないものもたくさんあり、タイに暮らす人たちは特に辛いものを毎日食べているという事もありません。
同じように、ラオスの食べ物もそれほど辛い!というものはなく、どちらかというと、塩気の強い食品や発酵食品類を多く摂取しているといわれます。
また植民地となっていたことで、他国の食文化が少々入っているというのも、特徴です。

屋台を見ると見えてくるラオス料理

ラオスは朝食を自宅で頂くより、屋台で頂くというのがほとんどです。
朝はおかゆや麺類をいただき、夕方はお惣菜、スイーツなどが屋台で並びます。
朝食は麺類が多いです。

具、スープ有、なし、これらを好みで選択します。
テーブルにはトウガラシや魚醤、さらに砂糖やチリソースなどが置かれてて、これで好みの味にします。
揚げパンやライムなどがついてくるのも一般的で、揚げパンをスープにつけていただきます。
また中国の食の面でも中国の影響を受けているラオスでは、黒酢が置かれていることも少なくありません。

また鶏肉と豚骨でしっかりと時間をかけてだしをとったおかゆもとてもおいしく、庶民的な朝食です。
ナンプラーやトウガラシなどを入れていただいてもおいしいです。
中国でも朝食におかゆを頂くことが多いですが、ラオスもこの影響を受けているのでしょう。

ビア・ラオとものすごく甘いコーヒー

ラオスにはビア・ラオと呼ばれるラオスビール、またとてつもなく濃い時もあり、ものすごく甘い事もあるコーヒーを飲むというのも定番です。
ラオスに旅行に行って歩き疲れたら、このとんでもなく甘いコーヒーを飲んだり、ちょっとビールを飲んだりして、ラオスの町を楽しみましょう。

静かな街並みの多いラオスは、心静かにのんびりしたい時、オススメの旅行先です。