インドネシアの食文化

インドネシアの食文化を知ろう

インドネシアはイスラム教の影響を色濃く受けているため、食文化にもイスラム教が深く関係しています。
日本人は豚肉をよく食べますが、イスラム教は豚肉がご法度、戒律をしっかり守るイスラム教徒は、お酒も飲みません。
そのため、日本人からするとあまりなじみにくく、どんな料理があるか知らないという方も多いでしょう。

しかし日本人同様、インドネシアはお米文化です。
現代の日本は洋食化が進んでいるので、お米文化が少しずつ壊れてきているといわれていますが、インドネシアの一般家庭では常にごはんがあり、絶やすことがないといわれます。

インドネシアは昔の日本のように大家族制度が今も守られていて、しかも近所とのお付き合いが非常に深い暮らしをしています。
そのため、いつ客が来ても恥ずかしくないようにしておくことが大切といわれているのです。
熱帯気候のため、お米を3期作出来るため、お米の値段は低く、暑い気候の中子供たちにはしっかりお米を食べさせて体力を付けないと・・・というのがインドネシアのお母さんたちの思いです。

焼き飯と小魚、ファストフード店でもごはん有

インドネシアでも、ファストフードブームがあり、ジャカルタなどではファストフード店が非常に高い人気を誇っています。
世界でも屈指のファストフード店、日本でも一番お目にかかる事が多いファストフード店では、日本と同じくハンバーガーが人気というわけではなく、ここでもごはんと鶏のから揚げセットが人気なのです。

日頃頂く一般的な料理としては、焼き飯です。
Nasi Goreng Ikan Asinという塩味の小魚が入った焼き飯はインドネシアのソウルフードといってもいいでしょう。
塩辛い小魚が入った焼き飯は香ばしく、とてもおいしく頂ける家庭料理です。

果物が豊富でたくさん食べられる

熱帯気候であるインドネシアは、果物の宝庫です。
ドリアン、ランブータンなどは日本でも手に入るようになってきていますが、日本ではかなり高価な果物です。
しかしインドネシアでは、当たり前のように手に入る一般的なフルーツなので、日頃から食べつけています。

そして日本でもおなじみのバナナ、これは子供たちがゴルフ場などで売り子となって行商し、小遣い稼ぎをするというほど豊富にあります。
日本のバナナよりも甘く、とてもおいしいバナナです。

にんにく、唐辛子は必須

インドネシア料理に欠かせないものといえば、にんにく、そして唐辛子です。
にんにくというと韓国を思い浮かべてしまうのですが、インドネシア料理はそれ以上ではないかといわれる位にんにくを多用するのです。
一般的な料理には必ず隠し味的に利用されています。

また唐辛子も欠かせないもので、この唐辛子があったことで、インドネシアに香辛料を求めて世界的にも有名な東インド会社を設立したといわれます。
唐辛子は大衆食堂にも必ず置かれていて、インドネシアの方々はその唐辛子を丸かじり!します。
日本人には考えられないことですが、殺菌作用のある唐辛子、それににんにくはインドネシアの方々にとって健康食品ともいえる存在なのです。