ベトナムの食文化

マイルドな味付け

東南アジアの料理というと、日本ではタイ料理が有名になってきています。
甘味、辛味、酸味がはっきりしており、うまく融合しているところが特徴でしょう。

マレーシア料理でもそうですが、日本人には辛すぎるということで、敬遠している人も少なくありません。
東南アジアの料理は、何も辛いだけではないのです。
ベトナム料理は、癖も少なくマイルドで、あまり辛かったりすることのない料理になっています。

ヌックマムとマムトム

ベトナム料理は、中国文化やフランス文化の影響を受け成立してきた料理です。
特に古くから影響を受けた中国料理の影響を強く見ることができますが、植民地時代のフランス料理の影響から、パンやコーヒーも定着しています。
宗教的にも仏教徒の多い国ですので、禁忌されるような食材が少なく、彩も豊かな料理が多くなっているのです。

特徴としては、魚醤を使うことがあげられるでしょう。
ヌックマムと呼ばれますが、小魚を塩漬けにして発酵させたものを使います。
日本でも、秋田のハタハタを発酵させたしょっつるなどがありますが、隠し味として使うところは違いがあるでしょう。

基本は米食で、小麦を使って作る麺や皮も米粉で作ります。
全体にコシを求めたりすることもないのも、重要なポイントです。

中華料理に大きな影響を受けていますが、炒める・蒸す・煮るといったことだけではなく、直火で魚を焼くという方法も用います。
これは中華では行わない手法であり、ベトナム料理の手法となっているのです。

味付けとしては、生野菜を良く使い、なますなども用います。
さらに、コリアンダーのような香草類は、東南アジアのほかの国と同様に、ベトナム料理でもふんだんに使われていますので、嫌いな人には要注意でしょう。

ベトナム料理で、最も独特な味付けは、マムトムと呼ばれるシュリンプペーストになります。
オキアミを発酵させて作るもので、独特の強烈な臭いがあります。
日本でも使う地域がありますが、非常にうまみのある調味料でもあるのです。

南北にのびる地形の影響

ベトナム料理は、地理上南北に細長くのびるベトナムですので、地域によって特色が異なります。
味付けにもかなりの差があると考えていいでしょう。
基本としては、おとなしい味付けが多いものの、北部は塩味が強く、香草類もあまり使いません。

中部になると、辛い料理が多くなり、かなり凝った盛り付けなどもみられるようになります。
これは、グエン朝があった影響であるといわれ、洗練された手法を用いることも多いのです。

南部は、甘めの料理が多く、ハーブもよく使います。
タイ料理などでも見られるココナッツミルクを使った手法が多くなるのです。
ですが、基本的には薄味になっており、好みで味付けすることはマナー違反ではありません。

ベトナムの宗教

日本と同じ大乗仏教

アジアの宗教を考えていくと、多くの国で仏教の影響を見ることができます。
東南アジアでも同じで、多くの国で仏教を見ることができるでしょう。
しかし、日本のような大乗仏教の国は非常に少数です。

よく言われることですが、信じる者は救われるのか、信じなくても救われるのか、これが大きな違いであり、日本は信じなくても救われるし救わなければいけないと考えます。
ところが、ほとんどの国は、信じるものしか救わない、厳しい戒律のある仏教になるのです。
名前は同じような形ではありますが、全く違うとまでいえるほど厳しい宗教だったりします。

ベトナムの場合には、日本と同じように大乗仏教が伝わり広まりました。
これは驚くほど稀有な例で、ほかにはほとんどありません。
さまざまな国に占領され、植民地になった歴史を持っているベトナムですが、この仏教を大切にしており、8割の人が仏教徒なのです。

これには、キリスト教の布教にあまり熱心ではなかったフランスが植民地にしていたということもあります。
植民地政策には布教活動が付いて回るものではありますが、フランスは実利を求め、宗教的な部分にはあまり力を入れなかったのです。
そのため、仏教以外の2割がキリスト教とイスラム教、ヒンドゥー教となっています。

厳しい掟や戒律が存在しないベトナムの仏教ですが、熱心に参拝に行く人も少なくありません。
それも、あまり厳しいことを言わないからこそ、自発的に起こってきている行動といえるでしょう。

ほかにはない新興宗教であるカオダイ教の存在

多くの国の影響を受けてきたベトナムですので、宗教的観点もいろいろあったりします。
その中で、新たな宗教として影響力を強めてきているのがカオダイ教でしょう。
日本ではあまり聞くことのない宗教ですが、かなり珍しい宗教といえます。

一般的に、新興してきた宗教というものは、既存宗教であるキリスト教や仏教をベースとしていたりするものです。
韓国などでも多く見られますが、母体があって新たな宗教解釈を取り入れたりすることで広まり成立していきます。

ところが、このカオダイ教は、どこにも属していないのです。
つまり、オリジナルの宗教であるともいえるのですが、どんな宗教でも貪欲に取り入れてしまう異質さも目立ちます。

どんな神格された人も崇拝し、釈迦とキリスト、ムハンマドが並び立っていたりするのです。
それだけにとどまらず、ソクラテスやビクトル・ユーゴーまで神としてあがめているのですから、日本人には意味を解釈することはできないかもしれません。

そして、シンボルマークは、どこかフリーメイソンのようでもあります。
三角形の中に瞳が描かれており、ほとんどの人は怖いという印象を受ける宗教となっているのです。

ベトナムの言語

ベトナムの言語

重要な意味を持つ

ベトナムは、歴史上さまざまな国が支配し、反発して独立するということを繰り返していきました。
非常に多くの文化が入ってきたこともあり、言語も多数の言葉が使われています。

公用語としては、ベトナム語が指定されていますが、漢字文化圏の影響も強く中国語も使われているのです。
ベトナム語は、人口の9割近い人が使っている言葉になります。
少数民族であっても、ベトナム語を共通言語として使うことができるため、意思疎通をはかるのであれば、ベトナム語が重要な意味を持っているのです。

中国語も話す人が多いのですが、ベトナム語は漢字文化に強い影響を受けて成立しました。
漢の時代の中国から支配地域であったこともあり、その時の人々が現在のベトナム語を使っていたキン族の祖先にあたるのです。
そのため、言語体系として漢字が大きな影響与えていきました。
下記のようなサイトを見ると、日本人がベトナム語になじみやすい理由として、漢字の影響があることがわかってくるでしょう。
>>http://life.viet-jo.com/howto/basic/127

世界でもトップレベルの難しさ

発音が難解で、世界でも類を見ないほど難易度が高いといわれるのが、ベトナム語であったりします。
母音の数は11であり、日本語の倍です。
声調が6つで、1語1音節ですので、発音を間違えば、違う意味になってしまい、近いニュアンスの言葉にもならず絶対に通じません。
日本語も難解な言語として知られていますが、それを上回る世界で最も高いレベルにあるといってもいいでしょう。

フランス植民地時代とベトナム戦争の言語に対する影響

現在のベトナムの言語事情ということを考えれば、かなり英語も通じます。
基本として外国人が利用する施設ということもありますが、若者には英語が好まれているということもあるでしょう。

アメリカの影響が強く出てきているということも確かです。
観光客向けに使っているということもあります。
実際にビジネスということを考えるのであれば、英語ができなければ生活につながっていかないことも事実なのです。

ベトナムは、フランスの植民地であったこともあり、フランス語を話す人たちがいます。
高齢の方の中には、教育を受けてフランス語を使っている人たちが残っていたりもするのです。

一部の特権階級では、今でもフランス語を理解することがステータスになっている部分もあり、エリート層で使われていることがあります。
ベトナム戦争の影響により、ロシア語を使える人もまだ多かったりしますが、会話として使うというよりは理解できるといった形が多いといえるでしょう。

ベトナムの歴史

ベトナムの歴史

中国と並ぶ古さ

東洋史の中でも、中国と並び古代史に名が出てくるのがベトナムです。
もちろん現在のような形ではありませんが、約30万年前の旧石器時代までさかのぼることができたりするのです。
紀元前2万年ごろの遺跡も発掘されており、太古の時代から人が住んでいたことがわかります。

文明国家として名前が出てくるのは、紀元前2880年ごろの雄王の時代からでしょう。
その後、ドーソン文明が表れ、各地と貿易を始めたことが、鳥獣模様が刻まれた青銅の太鼓が発掘されているからです。
非常に広範囲まで交流していたことは、ベトナムという場所が重要な意味を持っていたことがわかります。

ベトナムの歴史は、だんだんと安定していかなくなってしまいます。
支配し支配され戦乱の中で揺れ動いていく、悲しい歴史を繰り返していくことになるのです。

特に歴史の中で出てくるのは、中国の漢の版図拡大における南越国でしょう。
ここからなんと1000年の長きにわたる中国支配の時代になるのです。

やっと抜け出したと思えば元が南下し、フランスの支配の時代が訪れます。
さらに戦争を繰り返し、日本の統治の時代を経て、ベトナム戦争に入り、やっと現在のような形に落ち着いていったのです。

アヘン戦争から始まるフランス植民地時代

ベトナムの歴史の上で、最も重要になってくるのは近代史以降でしょう。
特にアヘン戦争からは、一気に歴史が動き出します。

アヘン戦争は、ヨーロッパの列強が東アジアに進出することになる戦争です。
この時に、ベトナム海軍を攻撃し、植民地化していくのがフランス軍でした。
1884年には、バトゥヌル条約締結によって、完全にフランスの植民地になるのです。

しかし、1930年に香港でベトナム共産党が設立されたことが、重要な転機になります。
その時の党首が、グエンアイコックであり、のちのホーチミンだったのです。
アジアの民族運動が激化する中、日本軍のアジア新興が始まり、インドシナ半島を支配します。

1941年にベトナム独立運動が加速されベトミンが発足、日本が敗退したことで1945年に一斉蜂起しハノイを占拠するのです。
そして、9月2日のホーチミンによる独立宣言に至るのです。

しかし、これで終わりません。
独立など認めないフランス軍によるサイゴン占領、翌年1946年にはハイフォンで武力衝突が起こり、凄惨なベトナム戦争に突入していくことになるのです。

泥沼のベトナム戦争へ

ベトナム戦争におけるアメリカは、フランスに変わり影響力を強めたことで、北ベトナムの社会主義に対する構図へと変化させます。
特に1961年にケネディが大統領になったことで、第三世界への軍事介入の強化を進めた結果、南ベトナムへ軍事増強させていくのです。

南ベトナムが、宗教弾圧を強めたことも大きな問題になります。
仏教に対する弾圧はすさまじく、1963年11月1日には当時のジェム大統領が殺害されることにつながっていくのです。
そして、ケネディが暗殺されたことにより、さらに増強されることに泥沼化していきました。

この戦争の終結は、1973年まで待たなければいけませんでした。
厭戦気分に耐えられなくなったアメリカでは、反戦世論が強まり、大統領選挙にも大きな影響を与えるに至ります。
その中で、ベトナム戦争を続けていくことの意味が消滅し始め、停戦協定を1973年1月27日に締結されるのです。

実際には、1975年4月30日の南ベトナム政府の無条件降伏まで待つことにはなりますが、長きにわたった戦争はやっと終わりを見せます。
しかし、この戦争自体が、植民地からの独立だったことは忘れられ、悲しいことながら東西対立の代理戦争や冷戦構造としてしか見られないようになるのです。