フィリピンの食文化

スペインの名残が伺える

東南アジアの国々の料理は、それぞれ特色があります。
フィリピンの場合には、スペインの植民地時代の名残を見ることができるでしょう。
歴史的に王朝が存在しなかったため、ほかの国のような宮廷料理は存在しませんが、スペイン料理の調理技術が取り入れられ、大きな影響を与えているのです。

もう一つが、中国の文化でしょう。
東南アジアの国々でよく見られることですが、多くの華人が入ってきています。
そのため、フィリピン料理には、スペインと中国の2つのカラーがあるのです。

ですが、不思議なことに、アメリカの植民地としての影響はほとんど見られません。
そこまで成熟した食文化がないということもありますが、影響がみられるのはケチャップを使うことぐらいでしょう。
スペイン料理も大量のトマトを使うことがありますが、ファストフードの影響もあり、ケチャップだけが独自文化として残っています。

フィリピン独自の解釈から生まれる食文化

フィリピンの食文化の中で、大きな影響があるのが、ラードとオリーブオイルでしょう。
複数の地区で用いられ食べられていますが、その成立は植民地時代にさかのぼることができるものばかりです。
にんにくもよく用いられており、煮込み料理のプチェーロは、スペイン料理のコシードに瓜二つな料理として知られています。

ただし、スペイン風の名前のついているものは要注意で、似ても似つかないものがたくさん存在するのです。
アサドという料理がありますが、フィリピンではチャーシューを指しています。
これは当然中国料理の影響下にありますが、スペインではローストという意味で豚の丸焼きを意味しているのです。

ほかにもフィリピンには、チョリソー・デ・ビルバオというソーセージがありますが、スペインのビルバオ地方には、ソーセージ自体が存在しません。
完全のフィリピン化されたスペイン語であり、誤解の混じった解釈があるといえるのです。

中国料理にもフィリピン風に解釈されたものが多数存在します。
アジアの国ということで共通点も数多くありますが、中国料理がスペイン化され、それがフィリピン独自の解釈となっていったため、全く別物に変化したものがたくさんあるのです。
調理法としての道具は似ていますが、あくまでも便利であるからであり、短時間で火を通すのに適しているから中華鍋を使ったりするのとは解釈が異なります。

純粋なフィリピン料理はすでになく

純粋なフィリピン料理というものは、実際判別がつかなくなってきているといえるでしょう。
植民地時代の名残だけではなく、交易拠点として、さまざまな人種が入りまじり、文化も交わったことで、判別ができなくなってきているのです。

方向性としては、香辛料が多く使われ香味野菜が大量に入ります。
スペイン料理の影響で、ニンニクと玉ねぎ、トマトの量はかなりのものになるでしょう。
こうした文化に、東南アジア独特の魚醤やココナッツミルクが入ることから、すでにフィリピン独特の食文化へと変貌を遂げていると考えることもできるのです。

ただし、他の東南アジアの国に比べ、そこまで辛くはありません。
どちらかといえば、酸っぱさが好まれ、複雑な味は好まれないのです。

フィリピン人の人柄

ホスピタリティが感じられる

フィリピンの人といっても様々な人がいます。
一般的にフィリピン人の人柄として言われることは、寛容な性格であるということでしょう。
困った人がいれば、すぐにでも手を差し伸べます。

ホスピタリティと呼ばれることがありますが、親切やおもてなしをすると考えるといいでしょう。
思いやりもある人々であることは間違いありません。
この国民性があるからこそ、留学先としても人気であり、世界中で知られるようになったといえるでしょう。

この背景には、フィリピンという国の経済状態を忘れてはいけません。
決して恵まれた国ではありませんが、みんなから支えてもらって生きている人もたくさんいるのです。
その中で、思いやりを持ち、できることをするというホスピタリティは育まれてきます。

のんびりでラテンのノリ

非常に寛容なお国柄ですが、のんびりであまり時間というものを気にしません。
スペイン的であるといってもいいほど、のんびりとした雰囲気が漂います。
その分陽気であり、人懐っこいことは確かでしょう。

ですが、このラテンの乗りは、マイナスにも働きます。
ホスピタリティが強く働くこともあり、傷つけたりすまいとうそをついたりすることもよくあるのです。
借金もしやすく、ついつい見栄も張るのは、ラテンの乗りの一つともいえるでしょう。

そんなノリですので、予定を建てたりするのは苦手です。
貯金も苦手で、お金をもらっても、すぐに使い切ってしまうことも珍しくありません。
それでも、パーティを行ったりするのは大好きで、これでまた散在してしまうのです。

それでも、あんまり気にしません。
明るく楽しく過ごすことが大好きだからです。

人のつながりを大切にする

フィリピンの人は、一度友人関係を築くことができれば、一生の友達にもなることができます。
家族や親戚を重視する傾向があり、本当に仲の良い友人も必死に大切にしようとするのです。

人のつながりを大切にし、思いやりを持って接するフィリピン人。
ダンスが好きで、びっくりするほど陽気ですが、フィリピンで流れる時間を考えると、きっとその意味が分かってくることでしょう。

フィリピンの歴史

フィリピンの歴史

古くから続く稲作文化のフィリピン

東南アジアの国の中でも、日本と非常に距離が近くなってきているのがフィリピンでしょう。
島国であるフィリピンは、太古の時代には陸続きでした。
そのため、かなり古くから人が住んでいた痕跡が残っています。

大陸から切り離されると、マレー人がすむようになりました。
だいたい紀元前2000年あたりから稲作文化を持ち込み、定住したのではないかと考えられているのです。

イスラム教の時代

14世紀に入り、海上貿易が盛んになってくると、イスラム系の商人が盛んに訪れるようになります。
東南アジアの国々ではよくあるように、イスラム教が広まっていくのです。
これ以前にも小さな文明があったと考えられていますが、伝承が多く正確な資料が少ないために、はっきりしたことがわかっていません。

島々ごとに王国ができるようになり、ミンダナオ島西部のスールー王国、マギンダナオ王国といったイスラム系の国々です。
ですが、こうした権力に支配されない小さな集団も数多く、独自の交易を行っていたこともわかっています。

植民地時代から第二次世界大戦

16世紀に入り、フィリピンの歴史は大きな転機を迎えてしまうのです。
それが、スペイン人であるマゼランです。
圧倒的な武力を持ち、さまざまな部族を平定し、キリスト教の改宗を行い、植民地化を進めました。

ところが、部族長であったラプ=ラプだけはこれを拒絶。
マゼランのスペイン具と正面から衝突することになるのです。
ところが、マゼランはここで敗れ、なくなってしまいました。

それでもスペインは、1529年にはサラゴサ条約を持って、周辺の国を植民地化していたポルトガルに強引に認めさせてしまうのです。
1543年にサマール島とレイテ島にスペイン船団が到着します。
この時点で、のちのスペイン王であるフェリペ皇太子にちなみ、フィリピンという名前に代わりました。

こうした植民地政策の中には、カトリックの布教活動ということも重要視されていたのです。
ですが、大きな目的ではあったものの、17世紀前半には政策自体が現地に合わず廃止されていくのです。

オランダや華人の反乱など、スペインとの対立も強くなっていき、イギリスの東インド会社によってマニラが占領されてしまいます。
結果的にイギリスは撤退していきますが、どんどんとスペインの力が弱くなっていったことを表しているでしょう。

そんなフィリピンをバックアップし、革命を起こさせようともくろんだのがアメリカでした。
ところが、結果的にアメリカとスペインの間では譲渡の約束が取り交わされ、2千ドルという破格で売られてしまうのです。
もちろん、アメリカとの戦争になりますが、全くかなわず、1915年にフィリピン諸島全土を支配下に置いてしまいました。

実は1946年までには独立が約束されてもいたのです。
ですが、第二次世界大戦により、そんな話もご破算になってしまいます。

長かった民主化の道

第二次世界大戦が始まると、1942年には日本軍がマニラを占領し、1943年に傀儡政権であるフィリピン第二共和国が成立てしまうのです。
ですが、そんな状況も1945年に敗戦を迎え、日本軍が撤退すると、1946年に選挙が行われ、フィリピン第三共和国として真の独立を成しました。

その後、1965年にはマルコス大統領が就任することになりますが、失業者対策を進める一方、独裁政権を推し進めてしまうことになるのです。
1983年、民主化推進を旗頭にしていた、ベニグノ・アキノ上院議員が亡命していたアメリカから帰国したとたんに射殺するという事件も起きています。
この出来事が、マルコス政権に大きなダメージを与えたのです。

1986年になり、大統領選挙に故アキノ上院議員の妻コラソン・アキノが出馬しますが、ほぼ勝利をつかんでいたのにもかかわらず、マルコスが圧勝します。
これが、最後の打撃となり、マルコスはハワイに亡命するしかなくなるのです。
結果として、コラソン・アキノが大統領に就任し、フィリピンはやっと民主化の道を走り始めました。