インドネシアの食文化

インドネシアの食文化を知ろう

インドネシアはイスラム教の影響を色濃く受けているため、食文化にもイスラム教が深く関係しています。
日本人は豚肉をよく食べますが、イスラム教は豚肉がご法度、戒律をしっかり守るイスラム教徒は、お酒も飲みません。
そのため、日本人からするとあまりなじみにくく、どんな料理があるか知らないという方も多いでしょう。

しかし日本人同様、インドネシアはお米文化です。
現代の日本は洋食化が進んでいるので、お米文化が少しずつ壊れてきているといわれていますが、インドネシアの一般家庭では常にごはんがあり、絶やすことがないといわれます。

インドネシアは昔の日本のように大家族制度が今も守られていて、しかも近所とのお付き合いが非常に深い暮らしをしています。
そのため、いつ客が来ても恥ずかしくないようにしておくことが大切といわれているのです。
熱帯気候のため、お米を3期作出来るため、お米の値段は低く、暑い気候の中子供たちにはしっかりお米を食べさせて体力を付けないと・・・というのがインドネシアのお母さんたちの思いです。

焼き飯と小魚、ファストフード店でもごはん有

インドネシアでも、ファストフードブームがあり、ジャカルタなどではファストフード店が非常に高い人気を誇っています。
世界でも屈指のファストフード店、日本でも一番お目にかかる事が多いファストフード店では、日本と同じくハンバーガーが人気というわけではなく、ここでもごはんと鶏のから揚げセットが人気なのです。

日頃頂く一般的な料理としては、焼き飯です。
Nasi Goreng Ikan Asinという塩味の小魚が入った焼き飯はインドネシアのソウルフードといってもいいでしょう。
塩辛い小魚が入った焼き飯は香ばしく、とてもおいしく頂ける家庭料理です。

果物が豊富でたくさん食べられる

熱帯気候であるインドネシアは、果物の宝庫です。
ドリアン、ランブータンなどは日本でも手に入るようになってきていますが、日本ではかなり高価な果物です。
しかしインドネシアでは、当たり前のように手に入る一般的なフルーツなので、日頃から食べつけています。

そして日本でもおなじみのバナナ、これは子供たちがゴルフ場などで売り子となって行商し、小遣い稼ぎをするというほど豊富にあります。
日本のバナナよりも甘く、とてもおいしいバナナです。

にんにく、唐辛子は必須

インドネシア料理に欠かせないものといえば、にんにく、そして唐辛子です。
にんにくというと韓国を思い浮かべてしまうのですが、インドネシア料理はそれ以上ではないかといわれる位にんにくを多用するのです。
一般的な料理には必ず隠し味的に利用されています。

また唐辛子も欠かせないもので、この唐辛子があったことで、インドネシアに香辛料を求めて世界的にも有名な東インド会社を設立したといわれます。
唐辛子は大衆食堂にも必ず置かれていて、インドネシアの方々はその唐辛子を丸かじり!します。
日本人には考えられないことですが、殺菌作用のある唐辛子、それににんにくはインドネシアの方々にとって健康食品ともいえる存在なのです。

インドネシアの言語

インドネシア語はどんな言語?

インドネシアの母国語はインドネシア語という独自の言語です。
人口2億4千万人がこの言葉を話します。
インドネシア語の起源はマレー語で、マレー語はマレーシアとシンガポールで国語となっていて、ブルネイの公用語です。
マレー語ととてもよく似ているインドネシア語は発音、語尾の違いがありますが、インドネシア語とマレー語でのコミュニケーションは可能です。

英語と同じようにローマ字のアルファベット26文字で表記されます。
しかし表記は同じでも、発音が違い、日本人にとっては書いてあるアルファベットを見たとおりにローマ字読みすればよいので、発音を覚えるのは簡単でしょう。
例えば、「a」は大文字「A」小文字「a」と表記され、発音は「アー」です。
「h」は大文字「H」小文字「h」と表記され、発音は「ハー」です。
Lはエルと読みますし、Mはエムと読みます。
VやW、Yなどが少々違い、Xはフェー、Wはウェー、Yはイェーです。

単数、複数の区別がなく、繰り返し言葉が多い

インドネシア語の特徴として、単語の語形変化がないということがあげられます。
~は、~の、~を、といった主格や所有格、目的格などの格変化もありませんし、男性名詞や女性名詞といった区別もないのです。
そのため、覚えている単語が少なくても、簡単な会話ならすぐにマスター出来ます。

更に、名詞の単数や複数がないので、日本語のように人々といった表現がありません。
名詞を重複させる、つまり繰り返しする事で複数を表現します。
但し、単語の重複が複数を表すと決まっているわけではないので、注意が必要です。

例えば、子供はインドネシア語でanakといいますが、子供たちの場合、anak―anakです。
しかしこうした規則に当てはまらないものもあり、イルカは、単体でもlumba-lumbaです。
また飴は砂糖という単語を2回使い、gula-gulaと表します。

単語の構成と基本文型

インドネシアの単度は語形変化がないため、語幹に接頭辞を付ける、接尾辞を付けるなどして表すなど、日本の単語の形成とは違う部分が多く、この点が難しいといわれます。
食べるという単語はmakanで、楽しんで食べるというのはmakan―makan、食べ物はmakanan、つまり語幹に接尾辞の-anがつく、という感じです。

基本文型に関しては主語+述語なのですが、主語省略の形を取る事もあります。
動詞の後に目的語、文頭は大文字、文末に「.」がつきます。
私は大学生ですという時には主語+述語(名詞他)で、Saya mahasiswa.となります。
省略する場合もあり、今日はとても暑いですという場合、Sangat panas.とても暑いですと、主語が省略されています。

この様に、インドネシア語は少し複雑な形を持っているので、規則を知る事が大切です。
名詞の修飾に関しても、日本語と順序が真逆になるので、勉強する際ちょっと戸惑うかもしれません。

インドネシアの宗教

インドネシアの宗教国家といえる

インドネシアの87%がイスラム教信仰、つまりインドネシアの中心的な宗教はイスラム教です。
しかしその他ヒンドゥー教、キリスト教(プロテスタント・カトリック)などを宗教として信仰する人もいます。
インドネシア政府は、イスラム教、キリスト教プロテスタント、キリスト教カトリック、ヒンドゥー教、仏教を、国家公認の宗教として認定し、憲法上の権利保障対象としています。

国民の多くを占めるイスラム教

インドネシアでは、イスラム教が多数派であり、国民の多くがイスラム教を信仰しています。
13世紀、アラブやインドの商人からイスラム教が伝来し、北スマトラ地域からジャワへ伝播していったのです。

イスラム教は左手が不浄とされ、食事や物の受け渡し、握手に利用しないなどが厳しく決められていますし、お酒、豚肉は食べない、ひと前で肌を見せないという事も決められています。
しかしインドネシアのイスラム今日は中近東と比較すると緩やかで、それほど高速は内容です。
マホメット(アラーの使途)商店日、イドゥル・フィトリ(レバラン断食明けの祭、ラマダン断食終了日の翌日か翌々日)などが祝祭日となっており、ここにも強くイスラムが関係していることがわかります。

キリスト教、プロテスタントとカトリック

イスラム教に次ぐ多数派のキリスト教プロテスタント、とはいっても多数派のイスラム教徒比較するとかなり少ない数です。
16世紀ヨーロッパ人が渡来し、またオランダの植民地支配が長く継続したという影響から、プロテスタント信仰が強くなったといわれています。

またカトリックは少数ですが、こちらもオランダの植民地支配などが色濃く影響し、信仰が広まったといわれています。
インドネシアではキリスト生誕の12月25日、キリスト受難の日とされる日などが祝祭日になっています。
イスラム教以外でも、国が認めた宗教である、という事が祝祭日にキリスト教に関係のある日が含まれている、という事でも理解できます。

ヒンドゥー教

インドネシアはイスラム教が全盛となる以前、多くはヒンドゥー教でした。
特にバリ島では現在でも人口の約93%がヒンドゥー教といいますので、古くからの宗教を守っているとわかります。

急速にイスラム化していく中、貴族や学者などのヒンドゥー教信者の多くがバリに移住したといわれます。
バリは古来の文化をそのまま保っているといえる地域なのです。
もちろんヒンドゥー教もインドネシアが認める五大宗教の一つなので、祝祭日を見ると、ニュピ(バリ歴の正月)が祝祭日となっています。

仏教

インドネシアで最も数が少ないのが仏教徒です。
ヒンドゥー教と共にインドから伝来した宗教といっても、その教えにはかなりの違いがあります。
ヒンドゥー教は身分による差別ともいえる、カースト制を認めていますが、仏教はすべての人は平等と唱えます。
しかしこうした大きな違いがありながらもインドネシアの中共存を果たしています。

イスラム教の台頭によって、インドネシアの仏教は次第に表舞台から姿をけし、インドネシアの中でも最少数派となってしまいましたが、五大宗教としてその権利は認められており、インドネシアではゴータマ・シッダールタ(釈迦)のお誕生日が祝祭日です。

インドネシアの歴史

インドネシアの歴史は植民地の歴史

インドネシアの歴史は植民地の歴史といってもいいほど、色々な国から支配を受けてきた不遇の時代が多かった国です。

インドネシアのジャワ島、ここで発見されたジャワ原人の化石は世界を賑わしました。
1981年、ジャワ島に二足歩行の猿人が板という事が、この化石によって判明したのです。
その後、オランダ人の人類学者「ウジェーヌ・ドゥボワ」によって、インドネシア人の祖先と思われる人類が、約80万年から100万年ほど前に生存していたという事がわかりました。

紀元前1世紀あたり、この地に仏教文化、ヒンドゥー文化が伝えられます。
貿易商人が伝えたとされていますが、その後、4世紀から9世紀にはこれらの信仰を中心とする王国がたくさん作られ、寺院、また宗教関連の建造物の建築などが進み、スマトラ周辺、ジャワ周辺に、二大国が作られたといわれています。

インドネシア全域、またマレー半島の一部を支配したヒンドゥー教時代といわれる時代の最強王国が、「マジャパイト王国」です。
この黄金期を象徴する建造物が、たくさん建設されました。
13世紀になるとイスラム教が伝えられ、イスラム小国家が各地で作られるようになり、さらにイスラム教の布教が広がっていきました。

度重なる植民地支配

1511年、インドネシアはポルトガルの植民地となります。
しかしその後にはオランダの侵略が始まり、1691年にはオランダによって制圧されここに有名な東インド会社が設立されるのです。
インドネシアは古来より自由貿易が行われてきたのですが、東インド会社の設立によって自由貿易は否定されることになります。

この時、ジャワ、ジャッカル、スマトラ周辺が200年の長きにわたり支配下とされたのです。
しかしこうした中、古くから自由貿易を続けてきたインドネシア人の商人たちは強く反発し、1799年、東インド会社が解散後、インドネシア国民党の結成に合わせて、オランダから独立しようという運動が始まりました。

第二次世界大戦のさなか、1942年には日本軍の占領にあいます。
しかし1945年、日本が降伏する事によって敗戦となり、このことでインドネシアは、初代インドネシア共和国大統領「スカルノ」によって独立宣言されることになるのです。
こうした時代になってもオランダは幾度となくインドネシアを植民地化しようと武力闘争してきましたが、1950年8月、インドネシア共和国はやっと、完全独立を果たしたのです。
その後、スカルノ体制は1068年に終わりと遂げ、独裁となったスハルトの時代を経てやっと民主化が始まり現代に至ります。

インドネシアはこの様に植民地支配など、歴史の中で他国の影響力が強かった時代を多く持っています。
自由に暮らせる時代が少なかったという事もあり、なかなか統治できなかったのですが、現在は東南アジアの大国となり、広大な国土と資源が重要視されている国となっています。